福岡市南区でゴミ屋敷の片づけを依頼されました

ゴミ屋敷の片付けは福岡の便利屋「片付け何でも屋」

多忙な日々、ご病気、なかなかモノを捨てられないなど、さまざまな理由で、お部屋や家がいらない不要な物やゴミであふれてしまい、気がつくと、どこから片付けたらよいか分からない状態に…。
今、悩まれている方!まずは第一歩として、ぜひとも私たちにご相談ください。多くの経験を積んできた清掃・片付けのプロだからこそ、適切な解決法をお伝えすることができます。片付け何でも屋には日々多くの方からご相談いただいています。相談を受け、片付けを依頼して下さった方の多くは「早く頼めばよかった」と言われます。だからこそ、今、悩まれている方、まずは私たちにご相談ください。

福岡市南区でゴミ屋敷の片づけを依頼されました

ゴミ屋敷の片づけ ごみ回収なら 便利屋「片付け何でも屋」本日は福岡市南区のお客様より、ゴミ屋敷の回収での御依頼を頂きました。

それまで普通に生活をしていた人が、突然ゴミ屋敷を築き上げてしまうという背景には、『孤独』というストレスが一つの原因となっています。
 
TVなどで色々なゴミ屋敷を見る機会がありますが、見ているとある事に気づくことがあります。それは家主のほとんどが、独り者であり年配者であることです。
夫婦や家族でゴミを集めているという光景はあまり見ません。この方たちの多くは、今まで普通に生活をしていたとされる人達です。
 
しかしある日、何らかの原因(連れとの離婚や他界、親が他界、一家離散など)によって孤独となり、その寂しさや不安という強いストレスから精神に異常をきたし、モノ(ゴミ)を集めていくという間違った行為に繋がっていったのです。多くの人はゴミだという事は認識しており、また迷惑行為であるという事も分かっていますが、いつしか分かっていてもやめられなくなっているのです。
 
強いストレスは精神を不安定にさせる

それまで身内や家族がいた人にとって、突然の孤独はとても強いストレスとなります。
寂しさはもちろんの事、独りとなった事への不安などに精神が耐えられなくなり、どんどん不安定な状態となって、やがてまともな思考を保てなくなります。
 
強いストレスが加わると、以前は明るくて人間関係も良好だった人が突然、人間不信になったり、閉鎖的な思考に変わってしまう事があります。
また酷くなると本人も気づかないうちに、「鬱」や「統合失調症」などの精神疾患を患ってしまいます。
 
ゴミを集める事でどのように寂しさが埋まるのか?

実際、ゴミを集めたところで心の寂しさは埋まりません。しかし集める行為を続けていくうちに、モノ(ゴミ)に囲まれることで安心するという間違った心理状態に変化していき、その依存度も高くなる傾向があります。
 
またモノ(ゴミ)を集める事で周囲(近隣住民など)から注目が集まり、それで寂しさを紛らわせるといった間違った思考状態の人もいます。

この仕事をしていると、この様なお客様に出会う事も少なくはありません。
私達は『お片付け』を通してお客様の心のケアも少しでも出来ればいいなと思います。

数多くの会社の中から片付け何でも屋を選んで頂きありがとうございました。
またの御依頼を心よりお待ちしております。

何でもご相談ください!

ゴミ屋敷清掃プロ

ゴミ屋敷や汚部屋の清掃・片付けの経験豊富なスタッフばかり。片付け後のゴミも適切に処理いたします。

ワンルームから一軒家まで

お部屋1つから、一軒屋丸ごと全部まで、あらゆるお部屋・家に対応させていただきます。 

迅速対応

すぐに清掃してほしい!早く片付けないと困る!など、ご要望に応じてスピーディーに対応いたします。

秘密厳守

ご相談内容から清掃時まで、個人情報等プライバシーにつきましては、きちんと秘密厳守いたします。

立会は不要

お忙しい方等立ち会いが難しい方は、清掃まで終わりましたらご連絡します。お手間をとらせません。遠方の方で確認が出来ない場合は、清掃前後の様子を撮影して、メールで送信いたします。

メールお問い合わせ