ゴミ屋敷・ごみ部屋の片付け・清掃は何でも便利屋


ゴミ屋敷を掃除する前に考えておきたいこと

ゴミ屋敷のお部屋を、一人で掃除することは簡単ではありません。

なぜなら、今まで捨てることが出来なかったために、ゴミ屋敷状態の お部屋になってしまったからです。

中途半端に片づけようと思っても、モノを捨てる判断が出来ないと、片づけどころの話では無くなってしまいます。

思い出が詰まっているモノもあるため、捨てることは簡単ではありませんが、今まで自分で掃除が出来なかった 事には原因があるはずです。

特に、過去への執着によってモノが捨てられなくなることがあります。

誰もゴミ屋敷のお部屋になりたいわけではありません。

また、精神的なストレスや 無気力状態になってしまうと、お部屋の掃除、ひどい場合は食べたゴミさえ捨てに行くことができません。

このような人は、お部屋の掃除と一緒に、自分の精神面も 掃除をしていくつもりで片づけを進めていきましょう。

ここでは、「自分でゴミ屋敷を掃除していく手順」を簡単に紹介していきます。


大きな物から処分をしていきましょう

今、お部屋はどのような状態でしょうか?

袋に入る可燃ごみや、不燃ごみが大量に部屋の中に散らかっているでしょうか?

今のお部屋の状態で、
机・本棚・ソファーなど、大きな物で捨てられそうなモノがあったら優先的に捨てましょう。

汚部屋というのは、細かいゴミが散乱しているケースがほとんどです。

そのような状態で、細かいゴミから手をつけていくと、すぐにうんざりして掃除をやめてしまう可能性が高くなります。

まずは、大きな粗大ごみから廃棄をして、「お部屋が広くなった」という実感を持てるようにしましょう。

しかし、粗大ごみが取り出せない場合は、細かいゴミから順番に片づけを進めていきます。


まずは一部屋を徹底的に掃除する

掃除をする際に、「一度にすべての部屋を掃除しないとリバウンドしてしまう」と言われることがあります。

掃除を手伝ってくれる協力者がいれば、一度に掃除をするのも良いと思いますが、一人で片づけるを進めるには、一部屋ずつを徹底的に掃除することをおススメします。

「まずは一部屋をキレイにする」という無理のない課題を作ることによって、目的がしっかりと出来るため、片づけのやる気が起きやすくなるからです。


一部屋を掃除するにあたっての注意点

掃除をする際に注意してほしいことが、他の部屋へのモノの移動は、なるべく少なくするように心がけましょう。

もし、一部屋を掃除出来たとしても、モノを散らかっている部屋に移動させただけならどうでしょうか?

移動させたモノのお部屋を片づける時は、また「移動する作業」 をしなければいけませんので、同じことの繰り返しになってしまいます。

そのため、不要なモノは処分していくことが大切になってきます。

外に置き場所があるなら、不要なゴミを外に出していきましょう。

モノを減らす作業が出来るほど、今後の掃除が簡単になっていきます。


片づけは「モノを捨てるか?捨てないか?」の悩む大変な作業

はじめにもお伝えをしましたが、ゴミ屋敷の掃除は簡単な作業ではありません。

特に、捨てるか捨てないかの判断をする度に考える必要があるため、 頭が痛くなったり、考えることが嫌になると、作業が止まってしまいます。

そのため、自分で片づける際には、大変な作業をすることを覚悟した上で、お部屋を掃除していく事が大切になります。


ゴミ屋敷の片づけ方とは?

ゴミ屋敷を片付けるには、少なくても3人以上の人手と以下のような道具が必要です。

  • 100枚以上のゴミ袋
  • 軍手・マスク・エプロン
  • 軽トラックライトバンなど荷物をたくさん積める車

これ以外にも、自治体のゴミ処理場にゴミを持ち込む許可を得てください。
また、ゴミ屋敷の掃除は1日で終わりません。
最低でも2~3日はかかると見ておきましょう。
ですから、一気にゴミ屋敷を掃除したい場合は連休に作業してください。
まとまった時間が取れない場合は、家をいくつかのエリアに分けて掃除していきましょう。
ゴミ屋敷の片づけ方自体は、とても単純です。
家じゅうのゴミを分別し、ひたすらゴミ袋に詰めていきましょう。
人手がある場合は、ゴミを運び出す係と分別して袋詰めにする係を分けても良いですね。
「使えるものがあるかも」などと思ってはいけません。
ゴミ屋敷にあったというだけで、保存状態は最悪です。
現金や通帳、ハンコ、賃貸契約書や家の権利書など重要なもの以外はすべて捨てて下さい。
家具家電も壊れていたり汚れが取れない場合が多いでしょう。
また、奇跡的に無事なものでも悪臭が染みついていることもあります。
ごみ袋がある程度たまったら、車に積んで収集場に持って行ってください。
ゴミ屋敷から出るゴミは、想像以上に多いです。
とてもゴミの日まで置いては置けません。
車や運転手がいない場合は、ここだけ業者に頼むという方法もあります。
すべてのゴミを運びだしたら家の傷みをチェックして、掃除をしましょう。
これで最低限の片づけが終わります。ご苦労様でした。

業者に頼んだほうが良いゴミ屋敷とは?

  • 水回りが使えず、衛生状態が大変悪い
  • ​3DK以上の広さで、部屋のすべてがゴミで埋まっている
  • 庭など外にもゴミが多量にある
  • 手伝ってくれる人が誰もいない

このような場合は、ゴミ屋敷の片づけを請け負ってくれる業者を頼みましょう。
今はいろいろな業種がゴミ屋敷の片づけを請け負っていますから、やって欲しい仕事に合わせて業者を選んでください。
たとえば、ゴミをすべて持っていってほしいならば不用品回収業者がおすすめです。
ごみの片づけや運搬など作業の一部だけ手伝ってほしい場合は、便利屋に依頼するとよいでしょう。
また、それぞれの業者のホームページには請け負える仕事が記載されていますので、参考にしてください。
料金はかかりますが、ゴミ屋敷を放置しておけば多くの方に迷惑がかかります。
「自分の手には負えない」と思ったら、すぐに業者に依頼してください。

業者とのトラブルを防ぐ方法とは?

ゴミ屋敷が問題になるようになってから、片付けを請け負う業者が増えてきました。
しかし、中にはいい加減な業者もいます。
ゴミ屋敷の片づけを依頼する際は、確実に実績がある業者に依頼してください。
また、ゴミ屋敷の片づけは状態によって料金が変わります。
ですから、ホームページなどに明確な料金を載せられません。
しかし、優良な業者ならば作業前にゴミ屋敷の状態を確認し、見積もりを作ってくれます。
口約束だけで作業を始めようとしたり「大体このくらいで」とメモ書き程度の見積書をつくる業者には、依頼しないほうが良いでしょう。
また、今は大型家具や家電を処分するには費用がかかります。
ですから、異様に安い料金で片づけを引き受けたり「ごみの処分費用ゼロ円」をうたっている業者も利用しないほうがよいでしょう。
回収したごみを不法投棄される恐れがあります。